Blog

三寒四温

 

ぽかぽか陽気に誘われて、ドライブに出かけました。

気温は18℃。雪が一面に広がっている光景を見るというのはなんだか不思議な感覚でした。

真っ白な立山連峰が青空を背景にひときわその雄大な姿を際立たせています。

 

 

 

一昨日の2月20日、富山でもようやく春一番が吹きました。

 

今年は年明け早々から大雪に見舞われ、35年ぶりと言われる豪雪に。

北陸自動車道では大規模な立往生が発生しました。

私が富山に戻って約20年弱になりますが、自衛隊が出動するという事態は記憶にないのです・・・

富山市内は一般道さえも通行止めとなり、外出しても目的地にたどり着くことさえできずにやむなく引き返してきた日も。

ようやく雪が止み、少し解けたとほっとして出かけてみると、道路上のいたるところでスタックが発生。

(スタックというのは雪やぬかるみにタイヤがはまってしまい、アクセルを踏んでも空回りして前にも後ろにも進まなくなる現象です。)

渋滞がいたるところで発生、物流にも支障が生じ、スーパーやコンビニでも品薄状態が続きました。

「災害級」と呼んだ方たちもいらっしゃいました。

近年各地で起こっている災害のことを思えば、全く比べものにもならないのですが・・・

雪国であったはずの地に暮らす私たちがいかに雪に弱くなってしまったかを痛感しましたし

震災によってそれまでの日常を失われた方たちの状況が、ほんの少しでも身に染みて感じられたような気がしています。

これを機に防災への意識の高まりにもつながっていくことでしょう。

令和3年豪雪が私たちにとってよい教訓となりますように。

 

 

上の画像は、近所の交差点で撮影したものなのですが、違和感を覚えられる方いらっしゃいますか?

富山県内の信号機は縦型なんです!

信号機上に雪が積もる面積を少しでも小さくしようという意図があります。

昭和56年(1981)の豪雪、いわゆる「56豪雪」を機に、横型から縦型に変わったのだそうです。

富山県内では横型を見つける方が難しいほど、ほぼ全て縦型といっても過言ではありません。

(もしかしたら100%かもしれません)

富山だけではなく、雪の多い日本海側では福井県、新潟県でも採用されているとのことです。

 

2021年02月22日

歳寒三友

12月、そして2020年も残すところあとわずかとなりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、12月25日のクリスマスの日に終了予定だったオンライン企画展【Thankyou_5000】は

ご好評につき、会期を延長してこのまま来年1月19日までの開催とさせていただくことにいたしました。

12月1日からスタートし、1月19日がちょうど50日目に当たるのです。

 

また、当初、本日12月26日から再開予定だった【季節のうつわ】は予定通り本日から冬バージョンでスタート、

商品を随時追加更新して参ります。

 

【Thankyou_5000】【季節のうつわ】と合わせて、もうひとつ【歳寒三友】も開催中です。

歳寒三友「さいかんのさんゆう」と読みます。平たく言えば、松竹梅のことです。

中国のこの思想は、日本には平安時代にもたらされたと言われています。

宋時代に好まれた画題のひとつであり、厳しい状況でも節度を守り清廉潔白に生きるという文人の理想を表しているのです。

寒くとも色あせない松。しなやかにしなる竹。百花に先駆けほころぶ梅。

寒い冬の季節に友とすべき三つの植物として、文人の思いは松竹梅に託されたのでした。

歳寒三友という語は、孔子の論語に登場する「歳寒」「三友」に由来しています。

 

「子曰歳寒然後知松柏之後凋也」

(子曰く、歳寒くして、然る後に松柏の凋むに後るるを知る。)

寒い季節になってはじめて、松や柏が枯れずに残っていることがわかる。

(同様に人間(君子)も(平穏な時は分からないが、)いざ困難に遭遇した時に本性(節操)が分かるものだ。)

 

「孔子曰、益者三友、損者三友。友直、友諒、友多聞、益矣。友便辟、友善柔、友便佞、損矣」

(孔子曰く、益者三友、損者三友。直を友とし、諒を友とし、多聞を友とするは益なり。便辟(べんぺき)を友とし、善柔を友とし、便佞(べんねい)を友とするは損なり。)

ためになる友(益友)には三通りある。 ためにならない友(損友)にも三通りある。

正直な友、誠実な友、博識な友は益友だ。ご機嫌取りな友、媚びへつらう友、口先だけの友は損友だ。

(有益な友は実直で自分の気持ちをはっきり示し、時に相手の誤りを正してくれる。一方、付き合って損をする友はこちらに調子を合わせてくるだけで自分の意志を示さない。) 

 

日本におけるおめでたい象徴としての「松竹梅」。中国における文人の理想の生き方「歳寒三友」。

現在私たちはこのようなたいへんな困難に直面していますが、ふと立ち止まって考えてみたいテーマのようにも思われました。

松・竹・梅、また組み合わされて登場する品々をご紹介いたします。

お時間がございましたらご覧いただければ幸いです。

 

 

 

2020年12月26日

小春日和と栂並木

本日2020年12月13日(日)11時、北陸自動車道の「上市スマートIC」が開通しました。

今年、私も何かと訪れる機会が増えた富山県の東南部に位置する町、上市(かみいち)。

立山連峰の名峰、剱岳(つるぎだけ)のまさにふもとにあります。

剱岳には、かの弘法大師が草履1000足(3000足、6000足とも)を費やしても登頂できなかった、

という言い伝えもあります。

不動明王が本地仏。上市は、山岳信仰と修験によって発展した町です。

これまで私のブログでも何度か紹介させていただきましたが、交通も整備されてアクセスもよくなりました。

より多くの皆様に訪れていただければいいなと思っています。

 

さて、今日の富山は冷たい雨が断続的に降っていました。

明日はいよいよ雪まじりか、という天気予報です。

 

一週間経つのは本当に早いものですが、先週末、再び上市を訪れました。

この日はまさに小春日和。あたたかい一日でした。

今回の目的地は眼目山・立山寺(がんもくざん・りゅうざんじ)。

曹洞宗の名刹で1370年、大徹宗令禅師による創建です。

 

 

上市、そして富山が誇るパワースポットで、近年は森林浴で癒されるという森林セラピーでも有名に。

2018年に公開された岡田准一さん主演の映画『散り椿』のロケ地としても脚光を集めました。

参道の栂(とが)並木が本当に印象的なのです。

 

 

参道を300mほど進むと、左手に本堂へと続く総門が見えてきますが、

参道のさらにその先には山道が続いており、探検してみることにしました。

アップダウンのある山道が続きます。山間なので肌寒いかと覚悟してきたものの、汗をかいて上着を脱ぐほど。

道はこの眼目山立山寺の開山にまつわる「坐禅石」へと続いていました。

 

 

どうぞ、スニーカーでいらっしゃることをおすすめいたします(笑)

 

 

夕刻の剱岳。

本当に見事なパノラマが広がっていました。 

帰路、偶然にもこの光景に出会い、思わず車を止めて撮影したのです。

拙い写真でその魅力をお伝えできないのが本当に残念ですが・・・

 

2020年12月13日

晩秋の散歩 上市・大岩山~立山町

 

冷たい雨の合間に青空が広がった先日、久々に大岩山へ。

 

本堂の摩崖仏・不動明王にお詣りした後は、必ずいただいてくるのが、こちらです。

癒しの香袋。

檜と丁子の香りがなんとも心地よいのです。

「決断の日の為の入浴にもいかがでしょうか」というコピーが気になって、試しに求めてみたところ

とてもよかったので、以来、お詣りの度に分けていただいて帰ってきます。

香り袋として、部屋や車内に置いてその香りを楽しまれる方が多いとのことですが

我が家では入浴時に、浴槽にこの袋を入れて「檜の湯」を楽しんでいます。

体が長時間ぽかぽかになって、夜もぐっすり眠れるのです。

だんだん香りは薄くなってしまうのですが、試してみたら数回は使えます。

大岩山にいらっしゃる機会があれば、ぜひおすすめの品です。

 

 

日石寺を出たあとは、例のごとく湧き水を汲んで、富山市内へと向かいます。

大岩山日石寺のある上市(かみいち)町から富山市内までは車だと一般道で40分~50分ほどの道のりでしょうか。

今回は、大岩山門前での名物・大岩そうめんは見送って、

帰途の途中にあるモンベルヴィレッジ(立山町)でのランチです。

 

アウトドアのモンベルストアは全国にあると思いますが、こちらは全国初の大型複合施設。

モンベルストアに加え、スポーツサイクルストア「モンベルサイクル」、

カフェやライフスタイルショップもあります。

上の画像で建物の手前に直方体の岩のようなものが見えるかと思いますが・・・

こちらではクライミング体験ができるのです。また屋外の人工池では、カヤック体験もできます。

11月いっぱいなので、年内の体験は終了していました。

 

以前は田んぼしかなかったこの辺りも、近年、新しい施設やおしゃれなショップも増えてきました。

モンベルヴィレッジの向かいには、ガーデニングショップ「niwanoso」があります。

"niwanoso"←ニワノソ←庭の素。

お店の向こうに見えるのが、雄大な立山連峰です。

うっすらと雪が積もり始めています。

 

玄関の枝にはサンタクロースの帽子。

こちらも少し、クリスマスモードになってきました。

 

立山連峰は富山県内のさまざまな場所(いたるところ)から眺めることがきるのですが

やはりふもとの立山町、山々が間近で迫力があります。

空気も澄んでいて、いっそう美しく映っているように感じます。

 

 

2020年12月05日

Thankyou_5000

 

2020年、霜月の最後は満月の夜でした。 

 

今日から師走。

先日、古美術松山のインスタグラム(@kobijutsu.matsuyama)のフォロワー数が5000に到達しました。

皆様、本当にありがとうございます。

感謝の気持ちを込めて、オンラインショップ "MATSUYAMA" にて本日から記念のオンライン企画を開催しています。

その名も【Thankyou_5000】

本日12月1日(火)から12月25日(金)までの開催です。

ご覧いただけましたら幸いです。

 

 

今回、数字の「5」にこだわってみました。

まずは、フォロワー数にちなんで「5000円均一」で商品を並べています。

「5×5=25」で25日間の開催としました。

「50種類」以上の商品をご紹介する予定です。

また、オンラインショップでご購入履歴のあるお客様やフォロワー(会員)の皆様、

そしてこのホームページやSNS(Instagram、Facebook、Twitter)をご覧いただいている皆様を対象に

限定の割引クーポン「【Thankyou_5000】クーポン」を発行させていただきました。

 

 

 

オンラインショップではご購入時にクーポンコード【3Q5K2020】を入力いただくと掲載商品が「500円OFF」に。

あるいは、電話やメール、DM(ダイレクトメッセージ)等でご注文いただく際にクーポン使用の旨をお伝えいただければ

「500円OFF」適用とさせていただきます。

有効期間は会期中(12/1~12/25)、金額や使用回数等の制限はございません。

ぜひこの機会にご活用いただければと思います。

 

今後とも、古美術 松山をどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

2020年12月01日
» 続きを読む