Blog

うちに こんなの あったら

 

雨の金沢。

兼六園周辺の「文化の森」に、またひとつ繰り返し訪れたい場所が増えました。

昨年オープンした国立工芸館。

現在「うちに こんなの あったら 展」が開催されています。 

 

ルネ・ラリックのジュエリー 

ルーシー・リーのボタン

 

 

ルーシー・リーと黒田泰蔵

 

竹橋にあった頃から、何度か訪れていた東京国立近代美術館工芸館。

優れた品々を間近でゆっくりと鑑賞することができるのですから、北陸に住む私たちにとっては本当に喜ばしいことです。

感染予防対策で現在のところ定員制・予約制となっており、来館者数はさほど多くないとは予想していたものの本当にまばらでした。

しかも観光の方よりは専門の方といいましょうか、雰囲気がデザイナーのような方たちとすれ違う率が高かったように感じました。

驚いたことに、館内では一部を除いてほぼ全ての作品が撮影可能なのです。

プロダクトデザイナーの方でしょうか、特定のコーナーに張り付いてひたすら撮影されている方もいらっしゃいましたから。

工芸家が多く集うこの地に移転してきたのは、工芸家あるいは人・文化を育てるという点でも意義深いことですね。

 

黒田辰秋の長椅子。木彫「葉」(須田悦弘)とのコラボレーション

 

 

 

どういうわけか、私の中では東京国立近代美術館工芸館といえば富本憲吉の印象がずっと強かったのです。

今回の企画展でも館内の一角を富本作品が並んでいました。

昭和30年(1955)色絵磁器の人間国宝(重要無形文化財保持者)としてはじめて認定を受けます。

色絵磁器の研究のため、九谷にも滞在していましたし、石川県(北陸)に工芸館がやってきた一因かもしれません。

 

 

 

こちらは常設の「松田権六の仕事場」

「漆聖」と称えられる松田権六は金沢が生んだ「蒔絵」の名匠。

富本憲吉と同じく、昭和30年(1955)に最初の人間国宝(蒔絵)として認定されました。

 

この国立工芸館は、明治期の旧陸軍施設として知られる明治期の洋風建築です。

この文化の森周辺には、金沢の明治・大正にふれるレトロな建築が数多く保存されています。

今回のブログの最初の画像は旧陸軍の兵器庫。

現在はいしかわ赤レンガミュージアム(石川県歴史博物館、加賀本多博物館)となっています。

建築といえば、谷口吉生氏設計の鈴木大拙館がおすすめです。

金沢21世紀美術館(妹島和世+西沢立衛/SANAA)も見逃せません。

文化の森は美術館や文化施設が密集し、ハシゴするだけでもまる一日いや数日楽しめるエリアなのです。

 

 

うちに こんなの あったら 展、4月15日(木)までの開催です。

 

2021年03月21日

トイレの神様

 

「トイレの神様」と聞けば、シンガーソングライターの植村花菜さんを思い浮かべる方もいらっしゃるでしょう。

植村さんは曲のヒットを祈願して、トイレの神様を祀る寺院に絵馬を奉納されたと聞いています。

そのトイレの神様というのが「烏瑟沙摩(うすさま)明王」。

富山県内には、現在する最古にして最大級と言われる烏瑟沙摩明王が。

 

 

 

高さ約120cm。鎌倉時代の作です。

富山県高岡市の瑞龍寺(ずいりゅうじ)の法堂(はっとう)般若の間に安置されています。

(上記画像は同寺リーフレットより。写真撮影はできませんでした。)

 

瑞龍寺は、曹洞宗の仏教寺院です。加賀前田家二代当主の前田利長の菩提寺として知られています。

開基は加賀前田家三代・前田利常。

江戸時代初期(前期)の禅宗様式の伽藍配置が特徴です。

山門・仏殿・法堂が国宝に、また総門・禅堂・大庫裏・回廊・大茶堂は重要文化財の指定を受けています。

 

 

正面の総門(重文)は正保年間の建造物。くぐるとまず視界に入ってくるのが山門(国宝)です。

建立は正保二年(1645)ですが万治年間に建て直しがあり、延享三年(1746)火災により焼失。

現在の山門は文政三年(1820)のものです。

左右には金剛力士像。拝観はできませんでしたが楼上には釈迦如来と十六羅漢が祀られています。

 

 

法堂(国宝)側から見た仏殿(国宝)。その奥が山門(国宝)です。

この仏殿に本尊が祀られています。

ちなみに瑞龍寺の本尊は、烏瑟沙摩明王ではありません。

実は釈迦如来。唐仏の釈迦三尊像(明時代)がこの仏殿に安置されているのです。

華工すなわち中国人仏師によるもので、中国または日本国内で制作された像で、加賀前田家から寄進されました。

瑞龍寺は近世を通じて前田家の手厚い保護を受け、寺領300石を有したといいます。

 

明治期に入り廃仏毀釈の波が押し寄せました。前田家の庇護が受けられなくなった瑞龍寺は困窮の時代に。

復興に取り組んだ瑞龍寺は、明王像を布教の中心のひとつに据えたのでした。

昭和60年(1985)に始まった「昭和・平成の大修理」は約10年の歳月が費やされます。

この修理に伴い、明王像は法堂に祀られるようになりました。

そして平成9年(1997)国宝に指定されたのです。

 

富山県では唯一の国宝。

2014年の役所広司さん主演の映画『蜩ノ記(ひぐらしのき)』のロケ地にもなりました。

お立ち寄りの際にはぜひ訪れていただきたい、おすすめの場所です。

 

 

燃え盛る炎でこの世の不浄なものすべてを焼き尽くす烏枢沙摩(うすさま)明王。

ゆえに 密教や禅宗の寺院では、便所に祀られることが多いのです。

瑞龍寺では現在、回廊の一角に(高岡銅器でしょうか?)大きな明王像が据えられています。

こちらは撮影可。

ちなみに、駐車場から総門までの途中に受付(券売所)があるのですが、

受付からすぐのお手洗いの入口にもやや小ぶりな明王像があります。

ぜひチェックしてみて下さい。

 

2021年03月17日

越中一千石地主の梅園

 

うれしいことに、先日、またひとつ富山の絶景を見つけました。

 

 

豪農の館、内山邸。

内山家は戦国時代から450年間続いている家柄で、神通川が氾濫する原野で新田開発を進め、大地主となりました。

越中一千石地主と呼ばれた豪農です。

その邸宅が昭和52年に富山県に譲渡され、平成10年には国登録有形文化財に。

富山県民会館分館として、富山市内を走っていると大きな標識も出ているのですが・・・

ここ富山市で人生の大半を過ごしている私も、ずっと気になっていたものの、今まで一度も訪れたことがなかったのです。

 

富山を代表する一級河川・神通川の西、国道8号線のすぐ南。田んぼの広がるエリアに内山邸はあります。

標識に従って車で向かうと意外と簡単にたどり着くことができました。

内山邸の表門のすぐ向かいには駐車場があり、約40台駐車できるのですが、到着してみると満車状態。

けっこう人気のあるスポットなのだと初めて知りました。

 

 

今回訪れたいちばんの目的は梅園で、越中(富山)を代表する梅の名所として知られています。

約60本と言われる梅園では、紅梅、白梅、さまざまな品種の梅が見られます。

ほんのり漂う梅の香を楽しみました。

 

そして・・・来てみて初めて知ったのですが、この梅園の最大の見どころは、

なんといっても、残雪の立山連峰の雄大なパノラマが一望できるということです!

 

 

青空の広がる1日でしたが、敷地内にはまだ積雪が残り、ひんやりとした空気。

梅の花もまだ咲き始めで、満開まではもう少し時間がかかりそうです。

満開になった頃、また訪れたいなと思っています。

 

ちなみに、内山邸は2018年に公開された岡田准一さん主演の映画『散り椿』のロケ地にもなりました。

もしかしたら映画を見てご存じの方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

2021年03月06日

三寒四温

 

ぽかぽか陽気に誘われて、ドライブに出かけました。

気温は18℃。雪が一面に広がっている光景を見るというのはなんだか不思議な感覚でした。

真っ白な立山連峰が青空を背景にひときわその雄大な姿を際立たせています。

 

 

 

一昨日の2月20日、富山でもようやく春一番が吹きました。

 

今年は年明け早々から大雪に見舞われ、35年ぶりと言われる豪雪に。

北陸自動車道では大規模な立往生が発生しました。

私が富山に戻って約20年弱になりますが、自衛隊が出動するという事態は記憶にないのです・・・

富山市内は一般道さえも通行止めとなり、外出しても目的地にたどり着くことさえできずにやむなく引き返してきた日も。

ようやく雪が止み、少し解けたとほっとして出かけてみると、道路上のいたるところでスタックが発生。

(スタックというのは雪やぬかるみにタイヤがはまってしまい、アクセルを踏んでも空回りして前にも後ろにも進まなくなる現象です。)

渋滞がいたるところで発生、物流にも支障が生じ、スーパーやコンビニでも品薄状態が続きました。

「災害級」と呼んだ方たちもいらっしゃいました。

近年各地で起こっている災害のことを思えば、全く比べものにもならないのですが・・・

雪国であったはずの地に暮らす私たちがいかに雪に弱くなってしまったかを痛感しましたし

震災によってそれまでの日常を失われた方たちの状況が、ほんの少しでも身に染みて感じられたような気がしています。

これを機に防災への意識の高まりにもつながっていくことでしょう。

令和3年豪雪が私たちにとってよい教訓となりますように。

 

 

上の画像は、近所の交差点で撮影したものなのですが、違和感を覚えられる方いらっしゃいますか?

富山県内の信号機は縦型なんです!

信号機上に雪が積もる面積を少しでも小さくしようという意図があります。

昭和56年(1981)の豪雪、いわゆる「56豪雪」を機に、横型から縦型に変わったのだそうです。

富山県内では横型を見つける方が難しいほど、ほぼ全て縦型といっても過言ではありません。

(もしかしたら100%かもしれません)

富山だけではなく、雪の多い日本海側では福井県、新潟県でも採用されているとのことです。

 

2021年02月22日

歳寒三友

12月、そして2020年も残すところあとわずかとなりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、12月25日のクリスマスの日に終了予定だったオンライン企画展【Thankyou_5000】は

ご好評につき、会期を延長してこのまま来年1月19日までの開催とさせていただくことにいたしました。

12月1日からスタートし、1月19日がちょうど50日目に当たるのです。

 

また、当初、本日12月26日から再開予定だった【季節のうつわ】は予定通り本日から冬バージョンでスタート、

商品を随時追加更新して参ります。

 

【Thankyou_5000】【季節のうつわ】と合わせて、もうひとつ【歳寒三友】も開催中です。

歳寒三友「さいかんのさんゆう」と読みます。平たく言えば、松竹梅のことです。

中国のこの思想は、日本には平安時代にもたらされたと言われています。

宋時代に好まれた画題のひとつであり、厳しい状況でも節度を守り清廉潔白に生きるという文人の理想を表しているのです。

寒くとも色あせない松。しなやかにしなる竹。百花に先駆けほころぶ梅。

寒い冬の季節に友とすべき三つの植物として、文人の思いは松竹梅に託されたのでした。

歳寒三友という語は、孔子の論語に登場する「歳寒」「三友」に由来しています。

 

「子曰歳寒然後知松柏之後凋也」

(子曰く、歳寒くして、然る後に松柏の凋むに後るるを知る。)

寒い季節になってはじめて、松や柏が枯れずに残っていることがわかる。

(同様に人間(君子)も(平穏な時は分からないが、)いざ困難に遭遇した時に本性(節操)が分かるものだ。)

 

「孔子曰、益者三友、損者三友。友直、友諒、友多聞、益矣。友便辟、友善柔、友便佞、損矣」

(孔子曰く、益者三友、損者三友。直を友とし、諒を友とし、多聞を友とするは益なり。便辟(べんぺき)を友とし、善柔を友とし、便佞(べんねい)を友とするは損なり。)

ためになる友(益友)には三通りある。 ためにならない友(損友)にも三通りある。

正直な友、誠実な友、博識な友は益友だ。ご機嫌取りな友、媚びへつらう友、口先だけの友は損友だ。

(有益な友は実直で自分の気持ちをはっきり示し、時に相手の誤りを正してくれる。一方、付き合って損をする友はこちらに調子を合わせてくるだけで自分の意志を示さない。) 

 

日本におけるおめでたい象徴としての「松竹梅」。中国における文人の理想の生き方「歳寒三友」。

現在私たちはこのようなたいへんな困難に直面していますが、ふと立ち止まって考えてみたいテーマのようにも思われました。

松・竹・梅、また組み合わされて登場する品々をご紹介いたします。

お時間がございましたらご覧いただければ幸いです。

 

 

 

2020年12月26日
» 続きを読む