Blog

柳宗悦の茶

富山城を臨む富山市佐藤美術館で開催中の特別展「柳宗悦の茶 日本民藝館名品選」を見学してきました。

展示室に入って、まず目に飛び込んできたのは、朝鮮の火鉢に掛けられた大きな大きな霰釜。

江戸時代のもので、みずみずしい生命感にあふれていて感銘を受けます。

そして朝鮮半島のものを中心に茶碗が並び、個性豊かな表情を見せていました。

ポスターやリーフレットに写っている大井戸茶碗「山伏」が今回のメインなのでしょう。

さらに個性豊かな表情をもつ品々が並び、輝いていました。

茶道具に生まれたものではないけれども、茶道具に見立てられた品々を通して

柳宗悦の視点がうかがえるものでした。

 

???

あれ、展示室の奥に家具(椅子)が並んでいるではありませんか。

昭和30年代の松本のスツール。

19世紀のイギリスのラダーバック・チェアやスピンドルバック・アームチェア。

もちろん、日本民藝館に収蔵されていて然りなのですが、

茶の展覧会なのに、なぜ?

 

柳宗悦は生前に2回、茶会を催したと聞いています。

日本民藝館で茶会を催すにせよ、茶会用の設備が整っているわけではありませんから、

民藝館の所蔵品でまかなったということなのです。

なるほど、この椅子たちは、茶会で用いられたということなのですね。

後でよくよく展示室内の解説を読んでみると、本展は

第一回民藝館茶会(1955)や新撰茶器特別展(1958)等を再構成したもの、

とのことでした。

既成の茶に囚われない柳宗悦の試み。百聞は一見に如かずです。

 

大阪民藝館で2009年に「茶と美-柳宗悦・茶を想う」

日本民藝館で2014年に「茶と美 -柳宗悦の茶ー」

柳宗悦と茶をテーマに、日本民藝館の所蔵品からその足跡をたどる試みは過去にも開催されています。

もしかしたら重複する内容なのかもしれませんが

もし機会がございましたら、ぜひおすすめの展覧会です。

12/1(日)までの開催です。

 

 

2019年11月06日

城下町・富山

 

2015年8月にオープンした富山市ガラス美術館。

建築家の隈研吾さん設計の、富山市の新しいランドマークです。

以前、この場所には、モダンな外観の富山大和デパートが建っており、

富山市一円を焼き尽くした1945年8月の富山大空襲でも焼け残った建物でした。

 

ところで、先日、美術館の学芸員の先生とお話する機会があり、興味深いことを伺いました。

大和デパートが解体された後、発掘調査が行われていたのですが

柿右衛門をはじめとする江戸時代の高級食器(の陶片)が数多く出てきたそうです。

江戸時代、富山城にほど近いその周囲には、豪商と呼ばれる大きな商人たちが暮らし

「町屋敷」と呼ばれていたといいます。

一方、もう少し富山城に近い地域には武士たちが住んでいたといわれています。

近年、富山市中心部の再開発とともに発掘調査も進められているのですが

発掘によって出てきたものを比べてみると、

商人の方が、武士より裕福な生活を送っていたことが窺えるのです。

 

富山町は越中における唯一の城下町。富山城は富山藩主・前田氏の居城でした。

富山城は室町時代の天文年間に神保氏によって築城されたといわれています。

北陸と飛騨を結ぶ交通の要所で、戦国時代には上杉謙信、織田信長、武田信玄が攻防を繰り広げます。

その後、佐々成政が入城。

神保氏の時代に形成された城下町や街道が整備されていきます。

さらにその後、慶長10(1605)年に前田利長が城下町の再整備を大々的に行いました。

富山市内に残る町名からは、そこに住んだ人々の暮らしや商工業の営みが窺えるのです。

(※現在なくなってしまった町名もあります。)

越前町、鍛冶町、木町、黒木町、御坊町、米屋町、材木町、桜木町、山王町、下金屋町、船頭町、

大工町、手伝町、鉄砲町、寺町、西四十物町、旅篭町、八人町、東四十物町、袋町、風呂屋町・・・

 

 

さて、現在ヤフオク!にて企画展【加賀・越中に伝世した古伊万里】を開催しています。

富山市内の旧家に伝わった興味深い有田焼もご紹介しています。

江戸時代の華やかな町人文化を今に伝える品々を、ぜひご覧下さい。

10/26(土)夜までの開催です。[21~22時 終了予定]

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/shozan8

 

 

2019年10月25日

モースの日本陶器コレクション

エドワード・S・モースをご存知でしょうか?

大森貝塚を発見したアメリカ人の動物学者、と聞けばお分かりの方もいらっしゃると思います。

「お雇い外国人」として請われて東京大学の初代動物学教授に就任し、自然科学の研究・調査を行いました。

モースの大森貝塚の発見によって日本の考古学の礎が築かれることにもなりました。

 

学者としての顔をもつモースは、一方で日本陶器の大コレクターであったことでも知られています。

貝塚で発見された、貝が付着した縄文土器片との出会いがきっかけだったそうですが

明治初期の官僚であり古美術学者でもあった蜷川式胤(にながわのりたね)から日本陶器について学び、

そこから興味の幅をどんどん広げていきました。

日本美術に造形の深いフェノロサやビゲローとも親交がありましたし、

大隈重信は所蔵した全陶器をモースに贈ったといいます。

収集のために来日中に各地を訪れましたが、

アメリカへの帰途の途中で立ち寄った東南アジアやヨーロッパでも収集を行いました。

そのコレクションには、今日ではほとんど知られていない廃窯になったやきものも多々含まれています。

約5000点というモースコレクションはボストン美術館に譲渡され、

モース自身は1901年にボストン美術館の日本陶器類部長に就任しました。

世界屈指の所蔵品を誇るボストン美術館、その日本美術収蔵のルーツがモースコレクションでした。

 

さて、現在ヤフオクにて小さな企画展【豆皿・小皿】を開催中ですが

モースによって紹介されたやきものも含まれています。

「霞晴山」(かせいざん)と押銘のあるもので、今回の企画展では、小皿5枚を紹介させていただきました。

モースは、江戸後期・寛政年間に江戸四谷で焼かれたものとつづっています。

ただ「洛東霞晴山」と銘のある作品も存在し、今日では京焼のひとつであろうと考えられています。

江戸か京か。いずれにせよ、みやこの粋を感じさせる小品です。

お時間ありましたらご覧下さい。10/14(月)21時台に終了予定です。

 

 

2019年10月13日

柿右衛門の猪口

 

 

先代がお蒐めになったという古陶磁のコレクション。

積み重なった段ボールの数は、20~30箱ほどあったでしょうか。

無造作に新聞で包まれ段ボールに入れられた古いやきものの数々。

包んだ新聞の日付を見ると、昭和10年代、戦前の新聞でした。古いコレクションです。

磁器が中心で、伊万里や九谷、富山のやきものが多かったように思います。

中には古染付など明末以降の中国のやきものもありました。

古いコレクションを拝見する場合、思いがけず珍しい品に出会うことがあり、期待するものです。

 

上の画像は、その中のひとつ、延宝期の色絵柿右衛門の猪口です。

口に比べて底が小さな朝顔形とも呼ばれる器形で、美しいシルエット。

薄づくりでシャープな造形です。

箱から出てきたときは泥まみれ、あまりに生々しいのでモノクロ画像にしました(笑)

古いものですから実際に汚れていることが多いのですが、

ほこりや汚れも骨董のうちと言いますし、新品同様にピカピカにするのはためらわれるのですが

品物の本来の輝きを取り戻すために簡単な手入れをして、ある程度のよごれを落とすことがあります。

 

濁手とも呼ばれる、柿右衛門の柔らかく温かい肌。

汚れを拭うと、美しい乳白色が現れました。

オリジナルの色絵も美しく残っています。

 

見違えるほどに変身した柿右衛門の猪口、明日のインスタグラムに投稿いたします。

どうぞお楽しみに。

 

追記:

さっそく次に大切にして下さる方が見つかりました。

ありがとうございました。

 

2019年10月10日

茶碗と鉢

 

ヤフオクにて小さな企画展【茶碗と鉢】を開催中です。

今回のメインはなんといっても隅田川焼の都鳥の茶碗です。

2羽のほほえましい都鳥が描かれています。

江戸の楽焼ともいえる隅田川焼は、江戸時代後期の文政年間に百花園で焼かれ始めました。

隅田川中州の土を用いたといい、都鳥に主題した数々の作品があります。

この茶碗には高台内に「百花園」と印が押され、明治期のものだと分かります。

 

今回の企画展では、抹茶碗として生まれたものの他にも、

茶碗に見立てて楽しめるうつわもご紹介しています。

 

 

中国・景徳鎮製の火入(香炉)は、清朝、18世紀から19世紀にかけての嘉慶・道光年間の作品です。

火入⁉香炉⁉と思われるかもしれませんが

日本には「見立て」の文化があり、本来の用途から転じて別の用途に用いることがしばしばあります。

その「見立て」の概念は、千利休によって生み出されたもの。

利休は、中国・明時代初期の染付の香炉を、茶碗として用いました。

雲や楼閣が描かれていたそのタイプの茶碗(香炉)は、以来「雲堂手」として評価が高まりました。

桃山時代に焼かれ始める瀬戸黒の茶碗は利休好みと言われていますが

腰の張った筒形の茶碗は志野、織部でも焼かれ、また長次郎や光悦の作品にも多く見られます。

利休は半筒形の香炉の形をヒントに新しい時代の茶碗をデザインしたのかもしれません。

 

【茶碗と鉢】は、10月7日(月)21時台の終了予定です。

ぜひご覧いただき、ご参加いただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年10月05日
» 続きを読む