Blog

仏手と古陶

 

仏教美術のものを蒐めている、という方のところに伺ってきました。

棚には愛らしい仏像や仏教工芸の小品が並び、その方の愛着ぶりがうかがわれる素敵なコレクションです。

日本のもの、特に室町時代以降のものが中心のように思われました。

その中に一点、異色を放つ存在に目が留まりました。

 

 

 

仏像の右手の残欠。やわらかな線につつまれたシルエットがなんとも優雅です。

細長い指や手の形は東南アジアの仏像のように感じました。

おだやかに前方へと突き出された前腕(一の腕)、

もとはどんな姿だったのだろうと気になります。

出自は不明でしたが、美しく、また調べてみたいという思いもあって、

お願いして譲っていただくことにしました。

 

さて、家に戻り、資料探しです。

おそらくは、タイか、カンボジアか・・・

そして大きなヒントは、やはり突き出された一の腕でした。

 

タイの「遊行仏」(ウォーキングブッダ)にたどり着たとき、これだ!と思いました。

仏像が歩く姿を見せる遊行仏は、タイのスコータイ王朝(13~15世紀)に生まれた様式と言われています。

昨年、カンボジアのアンコール遺跡でも、石に刻まれた遊行仏が見つかったそうで

今後そのルーツも解明されていくことになるのでしょう。

 

 

ところで、現在、ヤフオクにて小さな企画展【掌上の古陶】を開催中です。

2点、「スンコロク」の名で親しまれているタイの小壺もご紹介しています。

秀吉の時代には、中国人商人の手によって日本にもたらされていたとのことです。

スワンカロークの地名から「宋胡録」と漢字があてがわれました。

 

 

これらの小壺が焼かれたのはアユタヤ王朝(14~18世紀)の時代。

前述したスコータイ王朝の後に栄えたアユタヤ王朝は、

中国とインド、ヨーロッパの中間に位置する地の利を活かし、交易によって莫大な利益を生みます。

その富を背景に、クメールや中国、ヨーロッパ、ペルシャなどの影響を受けながら

独自の華やかな文化を開花させていくのです。

これらの小壺は輸出用の香辛料の容器でしょうか。

手のひらにものる小さな小さな古陶、アユタヤ王朝の栄華を支えた脇役たちです。

 

2019年09月16日

掌上の古陶

 

たなごころ(掌)とは、手のひらのこと。

そのなんともよい響きは深く優しく、好きなことばのひとつで、

もう20年ほど前のことでしょうか、一冊の本『掌の美』(新潮社)に出会って以来、

自分でもしばしば用いるようになりました。

日本を代表する美術商・瀬津雅陶堂の当主、瀬津巌さんのとっておきのエピソード83話。

美しい写真とともに紹介される品々は、ただただ憧れるばかりです。

ぜひお薦めの一冊です。

 

 

 

さて、今週からヤフオクにて『掌上の古陶』を開催中しています。

その名の通り、手のひらにものるほどの愛らしい小さなサイズの古陶磁を集めました。

小品といえど時代の香りを今に伝える愛すべき品々です。

大切にしていただける方たちとのご縁を願っています。

 

 

 

2019年09月11日

紫陽花

めずらしい紫陽花の花をいただきました。

 

見たことのない紫陽花です。本当にいろいろなものがあるのですね。

お話では、このような珍しい花ばかり、お好きで育てていた方がいらっしゃったそうです。

その方が亡くなって、遺志を継ぎ、花々を株ごと譲り受けて育てていらっしゃるのだとか。

 

伺ったお話を思い返していると、自分の仕事とも重なることに気が付きました。

大切にされてきた品物を、次の方へと引き継がせていただく橋渡しの役目。

出会いや喜び、感動を人から人へ。

 

自分にとっても心の励みとなるような、紫陽花との出会いでした。

 

2019年07月14日

チャイコフスキー国際コンクール

ちょうど1か月前の6月8日、藤田真央さんのピアノリサイタルへ。

透明感のある美しい音色がとても印象的でした。

 

 

藤田さんはその後10日もしないうちに、

第16回チャイコフスキー国際コンクールに出場のため、ロシアへ。

日本からの出場者ということもありましたが、

ついこの前演奏を聴いた方ということもあって、応援にもつい熱が入ってしまいました。

約6時間時差のあるモスクワ時間に合わせて夜中起きているのはなかなか大変でしたが

インターネットでライブ配信されており、パソコンで見ることができたのは幸運でした。

リプレイでも演奏はほぼ全て見られるのですが演奏の前後の場面は編集でカットされ、

直前の表情や、直後の観客の反応などはリプレイではわからないのです。

 

藤田さんのファーストラウンド。

演奏が始まって間もなく、会場の空気感が変わったのがモニター越しにもわかりました。

藤田さんの演奏が、モスクワの聴衆を虜にした瞬間でした。

開会後初めてのスタンディングオベーションだったそうです。

音楽が国境を越えて人々を魅了する様子が窺えて、すばらしいと思いました。

 

藤田真央さん、堂々のピアノ部門2位。おめでとうございました!

 

(江戸時代の古伊万里の皿に描かれたピアノの図⁉)

 

 

ところで、バスケットボールの八村塁選手が華々しいデビュー戦を飾りました。

(馬場雄大選手とともに、私の母校の後輩にあたるのだそうです!)

若い方たちがどんどん世界へ飛び出し、大きな舞台で活躍するのは喜ばしいことですね。

今後のめざましい活躍を期待しましょう。

2019年07月08日

造形と文様 縄文土器

小さな企画展【造形と文様 縄文土器】をヤフオク!にて開催中です。

ある個人の蒐集家が長い年月をかけてお蒐めになった縄文土器を

ご縁あって、お譲りいただくことができました。

日々の暮らしの中で道具として作られた縄文土器には、縄文人の美意識が宿っています。

土器の造形や文様、色彩から、その気配を感じていただく機会になれば幸いです。

 

 【造形と文様 縄文土器】はこちらからどうぞ。

 

以下、出品中の5点を簡単にご紹介させていただきます。

 

 

縄文中期の深鉢の残欠。

表面に塗られた丹(に)があざやかに残り、およそ5000年前の人々の色彩感覚が窺えます。

縄目の文様や刻まれた線の文様。立体のキャンパスに描かれた抽象絵画のようです。

 

 

手のひらにのる愛らしいサイズの小壺。

縄文晩期に東北地方で展開したもので、岩手県の貝塚の名前をとって大洞(おおぼら)式と呼ばれます。

私が学生の頃は亀ヶ岡式と習った記憶があります。

 

 

こちらも縄文晩期の大洞式ですが、高さが30cmを越える、大きめの壺になります。

表面全体に縄目文をほどこし、頸部は研磨され光沢を帯びています。

 

 

こちらも縄文晩期の大洞式。手のひらにのるサイズの小皿で、上の画像はその底面になります。

擦消(すりけし)と呼ばれる技法で文様をあらわし、縄目をつけています。

口縁には、突起状の装飾が連続してほどこされています。

うっすらですが朱彩が残り、ほんのり赤みを帯びています。

 

 

把手がある小壺。目のような穴が穿たれ、やや動きのある、生命を感じさせる造形です。

頸部には縄目文様がほどこされています。

胴のワンポイント、線刻の渦文も楽しいものです。

 

2019年06月27日
» 続きを読む