無地刷毛目壺

李朝時代前期 / 朝鮮

 

胴が張って、そろばん玉のような形状。

体を傾けたようなアンバランスな姿には動きと緊張感があって

この壺の個性的なところです。

上半分を白化粧し青磁釉をかけています。

シンプルなツートーンはずっと見ていても飽きのこないものです。

無造作に掛けた白泥は壺の内面まで流れ落ち、これも見どころとなっています。

 

口径10.2cm 胴径14.2cm 高さ11.0cm / 口縁に上釉の剥離。高台にホツ / 木箱入り